水分バランスをサポートしてむくみを改善したり、ポカポカ温め代謝をアップしてくれる厳選成分が配合されたスルスルむくみんですが、効果的な飲み方はあるのでしょうか。いつ飲むのがオススメなのか、またむくみやすい授乳中でも飲めるのか調べてみました。

スルスルむくみんはいつ飲むのがオススメ?

スルスルむくみんは身体の巡りをサポートしてくれる天然由来の成分で作られたサプリメントなので、お薬のように食前や食後に飲むようにという決まりはありません。飲むタイミングは基本的にいつでもオッケーなのですが、飲み忘れがないように毎日決まったタイミングで飲むように習慣にするのがオススメです。

朝食や夕食と一緒に飲むようにしたり、または寝る前に飲むのも良いでしょう。またはサプリケース付きなので、バッグにいつも入れておきランチタイムや休憩時間などに飲んでも良いでしょう。オススメのタイミングは特にないので、自分の飲みやすいタイミングで毎日飲むのを習慣にしてください。
旅行先や出張先でもサプリケースに入れて持ち運びも自由にできます。またあくまでもサプリメントなので、水やぬるま湯と一緒に飲まなくてもジュースやお茶と一緒に飲んでも問題ありません。

気軽にいつでも飲めるのが魅力ですが、飲み忘れだけは注意してくださいね。

スルスルむくみんの効果を高める飲み方ってあるの!?

スルスルむくみんの効果を高めるためには、やはり多く飲んだ方がそれだけ効き目も実感しやすいでしょう。

2粒から6粒くらいが1日の摂取目安なのですが、しっかり実感したい人は毎日2粒飲むよりも4粒づつ6粒づつと多めに飲んだ方が良いでしょう。ただし1日の上限は6粒なのでこれ以上は飲まないようにしてください。また天然由来の厳選成分が配合されているので、多く飲めばそれだけ毎月のコストもかかってしまいます。経済的な負担が大きくなるから1日2粒が限界という人もいらっしゃるでしょう。もちろん1日2粒づつでも効果は期待できます。

足のマッサージをしたりバランスの良い食事を心がけたりと、セルフケアも続けながらスルスルむくみんをプラスすれば1日2粒づつでも効果が高まるはずです。反対にいくら1日6粒飲み続けても、夜はシャワーだけで済ませたり外食やコンビニ弁当ばかりで栄養バランスの悪い状態はそのままだとなかなか実感できにくいでしょう。足のむくみや冷えを改善するには湯舟に使ってゆっくりマッサージしたり、足湯なども手軽にできてむくみや身体の冷え対策に効果的なのでオススメです。

コンビニ弁当や外食は塩分量も多くビタミンやミネラルも十分に摂れないので、できるだけ回数を減らすようにしてみましょう。

少しの心がけでもスルスルむくみんの効果がアップするはずです。

スルスルむくみんは授乳中も飲めるの?

スルスルむくみんは副作用の恐れがあるような危険な成分は入っていない安心して飲めるサプリメントですが、授乳中や妊娠中には飲むのは控えた方が良いでしょう。

身体のむくみが気になる時期でもあるので、スルスルむくみんを試してみたいと思う人もいるかと思います。しかし授乳中や妊娠中は身体がデリケートな時期でもありますし、赤ちゃんへの影響がはっきりと分かりません。

ママの飲んだり食べたりしたものが母乳となっています。授乳中のママがスルスルむくみんを飲んだ場合、赤ちゃんにどのように影響を及ぼすのかが予測できません。ですから授乳が終わるまで待ってからスルスルむくみんでむくみ対策をしてくださいね。

スルスルむくみんの効果的な飲み方は毎日忘れずに飲むこととマッサージや足湯などでむくみや冷え対策も同時に行うことです。安全安心のサプリメントですが、授乳中や授乳中のママは控えて授乳が終わってから飲んでください。

スルスルむくみんを更に詳しく調べるならコチラ>>